ローランドさんから学ぶ、ビジネス講座

こんばんは。
のあです。

ちょっとタイトルは
ローランドさんの力をお借りしました。

さて、ローランドさんをご存知ですか?
金髪でサングラスをよくかけてる
存在感抜群のホストをやっている方です。

おそらく今の日本に知らない人が
いないくらいの有名人ですよね。

そんな彼を象徴する名言
「俺か、俺以外か」
これを聞いたときには衝撃でしたね。

なにいってんだろうこの人。

みたいな感想を持った人は多いのでは
ないでしょうか。
もちろん、ボクも思いましたけども。

そんな名言もそうですが、
ローランドさんってとにかく目立ちませんか?

金髪でサングラスでホストの時点で目立つのに、
加えて「俺か、俺以外か」という名言です。

目立つ要素ありすぎです。

そんな目立たれると
いやでも興味湧いちゃいますよね。

とにかく目立って、興味を抱いてしまう。

実はこれってビジネス的な視点から見ると
かなり重要な要素を含んでるんですよね。

ということで
今日はのテーマは

「興味」

についてお話ししていきたいと思います。

今回の記事は自分でいうのもあれですが
かなり大切なエッセンスを含んでますので
ぜひ最後まで読んでいって下さい。

では、早速話していきましょう。

ボクがローランドさんを知ったキッカケは
YouTubeで見た密着動画がキッカケでした。

ローランドさんが経営する
ホストのお店の裏側が見れたり
本人の価値観や思考が垣間見えて
非常に勉強になる内容ですよ。

ボクがホストに持っていた最初の印象は
「チャラい」「バカそう」などといった、
失礼ながらマイナスイメージがありました。

めちゃめちゃ髪の毛キメて
女を口説いてお金を巻き上げる、みたいな。

完全に偏見の塊です。

そこでさらに
よくわからん名言をする
金髪のホストが登場するワケです。

「俺か俺以外、、?」
「今のホスト業界はこんな人がウケるのか?」

ただ、あまりに目立つので
やっぱり興味は湧いてきました。

その流れで密着動画を
そのまま見ていましたが
ここでホストへの偏見が180度変わります。

「めちゃくちゃストイックやん、、!!」
「ホストってこんな実力社会なのか!!」
「思ってたのと違ってホストかっこいいなぁ」

どうすれば話が盛り上がるのか?
どうすれば場を盛り上げることができるか?
どうすれば女の子が喜ぶのか?
どんな言い回しがいいのか?

などなど、
一人一人が本気で仕事に向かい合う姿に
ボクは心打たれていました。

なによりローランドさんの思考が
とにかく素晴らしいワケです。

ある動画で卒業生へ向けての言葉を
演説する場面があったんですが

「笑われるぐらいの夢の方が叶える価値がある」

「自分だけはずっと自分の味方でいて欲しい」

「ぜひ、人生主役を演じきって下さい」

「前例がないんだったら、作ればいい」

「歴史に名を残してきた人は、
ルール違反をした人たち」

「才能がないことも、1個の才能」

こんな心打たれる言葉を
言っていて感動しました。

ホストがこんな素敵な言葉を
演説する時代がやってきたのか。

ホストという職業への概念がまるで
変わりましたね。

その後ボクが取った行動というと
ローランドさんの自伝本を購入しました。笑

なんか一種のファンみたいな感じですよね。

まぁともかく
ローランドさんの生き様や考え方に
魅了されたわけですね。

最初はの頃は
「よくわからん言葉言ってるなこの人」
とか思ってたのに、気付けば本まで購入です。

さて、
ローランドさんの話はここまでに
しておきましょうか。

なにもこの話だけをして
終わりにしようつもりはありません。
ちゃんとビジネスに繋げます。

今日のテーマを覚えてますか?

「興味」

でしたね。

では、今一度ボクが
ローランドさんの本を購入してみるまでの
流れを整理してみますね。

①なんか面白い名言を
言ってるホストがいる(興味)

②気になってYouTubeで
いろいろ調べてたら徐々に魅了される

③本を購入する

大まかに並べるとこんな感じでしょうか。

ボクが今日言いたいことは
はじめに「興味」を持ってもらうことが
ビジネスにおいてとても重要ということ、です。

これ、マジで重要です。

おそらく
今スマホでこの記事を見てると思うので、
メモアプリを起動してメモして下さい。
パソコンならパソコンでお願いします。

 

・・・メモは大丈夫そうですか?

 

では、先に進みますね。

何よりもまずは相手に興味を
持たせることが重要です。

誰かが何か売りたい商品を持っていたとして
「よし!じゃあ売りにいこう!」
となったとしても、
まずはその商品に興味を持ってもらって
商品を知ってもらわないといけないですよね。

どんな商品が何かもわからないのに
買うわけなんてありませんから。

当然ですよね。

だからこそ
まずは商品の魅力を
知ってもらう必要があります。

知ってもらうためには
商品に”興味”を持ってもらう必要があるのです。

恋愛と同じで、
興味もないのに中身を知ろうとなんて
思わないわけです。

中身を知って欲しかったら
まずは興味を持ってもらえるように
外見から整えようってことですね。

ビジネスにおいて
興味は入り口みたいなものです。

もしアナタが情報発信を何かしているのであれば
その発信は興味を持ってもらえる内容ですか?

そもそも
興味を持ってもらえるように
心がけて発信していますか?

ただの呟きみたいになってないですか?

興味
⬇︎
良さを知ってもらう
⬇︎
購入に至る

この流れ、非常に大事です。
実際にボクがローランドさんの本を買うまでの
流れもこれに当てはまってるんですよね。

ということで今日は
「興味」
の重要性について話してきました。

具体的に言うと
ビジネスの入り口は”興味”であって、
まずは知ってもらわないと
せっかく商品があっても売れないですよ。
ということでした。

ただここまで読んでくださった方の中には

「興味が大切なのはわかった。
けど、具体的にどうやって
惹きつければいいの?」

こう思っている方もいるかと思います。

ボクがオススメしてるのは
日常生活で不思議と興味をもったモノについて
「なんで今興味をもったんだろう?」
と理由を考えてみることですね。

その理由を言語化できれば
あとは自分の発信に応用するだけです。

ぜひこれからのアナタの発信に
「興味性」
を付け加えてみて下さい。

いや、これからと言わず
今すぐにでも。

行動すれば
人生は少しでも変わりますからね。